SFAを導入する時の注意点

SFAとは、営業支援システムの事です。企業にとって、営業活動は利益をあげる上で、非常に大切な事です。そのため、システムを導入する事によって、営業活動の進捗具合を経営者や他の営業担当と共有する事が可能になります。迅速な作業指示が可能になりますし、より幅広い営業活動へと繋がり、利益があがる事が期待されています。しかし、システムを導入する際にも費用が掛かります。また、様々な商品があるのでどのシステムが自社の営業スタイルにマッチするかなどの検証作業も必要となります。そのため、導入する際にはデモンストレーションを受けたり、試験導入をしているか等を確認しておいて下さい。実際に使ってみる事が一番判断しやすい材料となるのです。また、導入後の保守サービス、コールセンターなどのサポート体制が整っているシステムを選ぶことも重要なのです。

SFAは営業のスタイルを変える便利な機能を備える

会社で行われる幾多もの営業業務をIT面から支援してくれるシステムがSFAであり、現在では多くの会社でも取り入れられています。そしてこのシステムを導入することにより、営業に成果を上げたり、業務スタイル自体が変化する場合も多く見受けることができます。例えばそれは接点記録の作成が、モバイル機器を含むIT端末で行えることです。これまで通例となっていた会社に帰ってから作成するというその作業が、外回りの最中でも行えるようになります。その為SFAの導入で一時的に会社に帰ることを省くことができ、そのまま次の訪問先に向かうことが実現できます。また、この機能を最大限に利用した場合、営業を終えて接点記録を作成した後は、営業先から自宅に直帰可能となった導入例もありますので、各会社ではSFAを効果的に運用しているケースがあります。

必要な機能を持つ最適なSFAを導入することが大切

企業における営業活動を、飛躍的に向上させてくれるシステムがSFAです。現在では数々の機能が盛り込まれ、様々なベンダーから各種製品が提案されています。その為必要な機能や求める機能を搭載するSFAを選定して、企業の営業活動に導入できるようになっています。これはとても素晴らしいことでありますが、同時に留意する必要があることでもあります。それは必要を超越した高機能な製品を導入した場合、活用する機会のない機能がある場合や、時には高機能故の操作体系によりその利用が敬遠気味になることも考えられます。その為、このITソリューションを導入する場合は、必要とされる機能を吟味して最適な製品を導入することが、実りある営業活動の向上につながります。また、各提供ベンダーではその回答を持っている場合も多々ありますので、SFAの導入ではプランの提案を確認することも大切です。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published