SFAの導入が企業競争に勝つ秘訣です。

今日においてはあらゆる分野、あらゆるシーンにおいてスピードアップが求められています。これを後押ししているのがインターネット環境の整備と普及が大きいことでしょう。いつでもどこからでもあらゆるところへとアクセスすることができるのがインターネットの最大の魅力であり、このメリットを十分に活用することで効果を発揮できるのがビジネスシーンになるのです。グローバル化が進んでいる現在においてはスピードアップや効率化の追求が欠かせません。営業支援システムであるSFAを設計・導入することにより、これらを飛躍的に高めることができるのです。ビジネスを成功させるのに欠かせない最新の情報やデータ、ニュースなどをデータ化して共有化することも素早く行うことが出来ます。最大のメリットはチームとしてビジネス運営を行う際に欠かせない情報の共有化をスムーズに行うことが出来ることになることでしょう。

SFAの用途と基本機能

これまでは膨大な数の顧客データを管理するためにCRMシステムが利用されてきました。これはCustomerRelationshipManagementの略で、単純な表計算ソフトでは管理が難しい複雑に展開された顧客データを管理するためのシステムです。しかし、最近では顧客データの管理というよりも顧客データを把握した上での効率的な営業支援システムが求められるようになってきました。そこでこのニーズを満たすのがSFAシステムです。これはSalesForceAutomationの略で、顧客に対する担当営業者の売上情報の同期化や見積書の紐付け、報告書管理といった営業担当のタスクを管理、支援する機能が顧客管理システムに付加されたしろものです。顧客のデータを管理するCRMに対して営業担当の作業を効率化したり状況を管理するための用途で機能するシステムがこのSFAというわけですね。

SFAを使用するメリットについて

SFAとは営業に関する仕事を支援するサポートシステムの事です。営業の仕事は、企業にとっては非常に大切であり、大変な仕事です。そのため、システムを導入する事によって、効率よく業績をあげたいと考えている経営者は多いです。このSFAを導入するメリットは、経営者が営業に関する実績や担当者の活動状況をリアルタイムに確認出来るので、即時に活動指示を出せる事です。営業は時間とタイミングが勝負だと言われています。そのため、迅速な作業指示が出せる事は非常に重要なのです。他にも、営業担当者が日報を作成して共有する事で、それぞれの社員の活動状況や持っている情報を共有することに繋がります。システムを導入することで日報を作成する作業時間の短縮や、より幅の広い営業活動が可能になります。このようにSFAを導入するメリットは多くあるのです。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published