SFAを導入すると営業のムダが見える

業務に無駄があるとしたらそれをなくしていくようにします。目に見えやすいムダもあるのでそういったものはどんどん減らしていくと仕事がスリム化していくのがわかります。事務的な仕事の場合は無駄も見つけやすいのですが、営業の仕事の場合は無駄も見えにくいとされます。どれが正しい仕事の仕方かを決めることはできません。SFAを導入して実感として出てくるのは営業の仕事にも無駄があることです。特に気が付きやすい人としてベテラン社員が気づくとのことでした。それまである段階を踏んでいたものの不要な段階があったり、本来行わないといけないことをしていなかったりしていたとのことです。売り上げがあげられるとしても無駄があれば他の作業にも影響しますから総売り上げは減ります。導入することによって売上アップがわかり判明しました。

営業活動でSFAが有利となる部

営業活動でSFAが有利となる部分にはこれまでの営業記録を一元管理して、後から様々な検索ワードなどから検索が可能となっている点が挙げられます。これは進行中の営業の進展具合を確認したり、会うべき人物にきちんと会って来たかなどの確認にも役立ち、紙の接点記録で調べるよりも便利に、そして正確に調べ上げることができます。これらの点がSFAの有利となる部分でありますが、更に挙げられる点はそれらの行為をインターネットを経由して、社内デスク以外の場所からでもコンスタントにアクセスできることであります。また、接点記録等の営業データはそうした社内デスク以外の場所からでも作成してアップロードすることができますので、タイムリーな結果報告が行えることもスピードを要する仕事ではとても大きな意義を持ち、SFAがそれを実現してくれます。

SFAのスケジュール面での支援機能

SFAは会社などで行われる営業の仕事を、パソコンや携帯端末機器で能率的にサポートしてくれるシステムです。その製品にも多くの種類がありますから、利便性や有する機能の数など、幾多もの観点から最適なシステムを導入することができます。製品によりまして違いは出てきますが、SFAが取り入れられたパソコンや携帯端末機器では、その日に向かう予定になっている営業先などが一覧で案内されていたりするなど、スケジュール機能の面でも確実に営業を支援してくれる製品があります。また、そのスケジュール面での機能が優れる点は、予定に組み込まれている営業先を案内してくれるだけでなく、その正反対のケースも案内してくれる場合があります。それは長きに渡り予定に組み込まれず、長い間営業に向かっていない営業先を案内してくれる機能であり、これもSFAの重要な支援の一つになります。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published