SFAを、効果的に活用しましょう。

SFAとは、営業支援システムの事ですが、現代の営業活動をより良くするためには、有効です。個人の経験だけでは、多様化する現場に対して、効果的に働きかけるには限界があります。クライアントが、何時どの様なタイミングで、何を必要としているのか理解する事で、実際に営業をする事が出来、利益になるのです。又、個人の不得意な分野に対しても、何らかのヒントを与えてくれるので、今までと違った視点に気が付く事が可能となり、営業の可能性が広がり、仕事が評価されていきます。クライアントに対しても、ベストなタイミングで提案出来るため、信頼度が上がり益々良い関係を築ける様になります。以前と違い、正にベストなタイミングで欲しい環境を手に入れる事を、望む人が増えていますので、好機を逃さない為にも、生きた情報を巧みに使いこなす事が、営業活動にも望まれているのです。

SFAは年単位での定着を目指すベンダーを選ぶ

あるシステムを一度に全社的に導入をしました。初期動作なども特に問題なく不具合もない状態でした。するとそのベンダーはその後はほとんど顔を見せることはなくなりました。こちらが問い合わせたことについては答えてくれるものの、積極的にどのように使えばいいとか、問題点の解決法などを提示してくれることがなかったのです。SFAにおいてはまずは導入当初の定着が必要です。ここで問題があれば結局その先もうまく行きません。では最初がうまくいったら後は大丈夫かですがそうでもありません。その後は一定期間ごとに定着率をチェックする必要があります。利用していない人、グループが少なからず出てくるからです。ベンダー選びでは導入時のみ行ってくれるのではなく、積極的に年単位で定着率をあげようとするところを選びます。徐々に利用効率も上げられます。

SFAは販売実績が長いものかどうか

ソフトウェアは最初に制作された後バージョンアップを繰り返します。新しくなる時は前回の問題を解消し、新たな機能などを取り付けています。それによってより利用しやすくなるのです。ソフトウェアの開発会社においてバージョンアップを繰り返すのは経験となるでしょう。初めて作った場合は前回の問題点がありません。何回もバージョンアップしているならたくさんの問題を知っています。SFAのベンダーには多くの会社があります。ソフトウェアであることから考えると導入に関してはバージョンアップをある程度行っているところを選びたいです。そのたびに良くなっているからです。最初にシステムを登場させたのが何年前で、その後どれくらいバージョンアップをしてきて現在に至っているかを見てみます。10回以上しているのであれば相当ノウハウを蓄積しているといえるでしょう。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published